滝上町図書館 Takinoue Town Library

滝上町のHPへ戻る 童話村たきのうえ子ども読書活動推進計画 デジタルライブラリー
北海道地図
開館時間午前10時~午後6時
休館日毎週月曜日・国民の祝日
年末年始(12月31日~1月5日)
所在地〒099-5605 滝上町栄町(文化センター内)
TEL:0158-29-3735 FAX:0158-29-5012

お知らせ一覧

  • 「新型コロナウイルスをぶっとばせ!」図書館家庭学習支援

    2020年03月5日(木)

    新型コロナウイルスの感染拡大に伴う小中学校の休校措置を受け、
    滝上町図書館では小学生・中学生を対象に
    ・子どもの本お届けサービス
    (ご家庭まで職員が本をお届け!)
    ・読書体験創作コンテスト
    (休校期間中の読書体験をもとに自由に創作、優秀者1名に図書カード1万円を贈呈!)
    の2事業を実施することといたしました。詳しくは、下記のチラシをご覧ください。
    わからないことがあれば、図書館までご連絡ください。
    滝上町は新型コロナウイルスになんか負けないぞ!
    家庭学習支援チラシ

  • コミュニティカフェ事業・子ども英会話 3月予定分中止のご案内

    2020年03月4日(水)

    滝上町保健福祉課配布の各戸配布チラシにてすでにお知らせしているところですが、
    広報3月号「図書館だより」で周知いたしました図書館コミュニティカフェ事業
    (滝上学・協力隊カフェ・EZ英会話)は新型コロナウィルス感染拡大防止のため
    中止といたします。
    同じく3月5日(木)・19日(木)に予定してました子ども英会話も中止とさせていただきます。
    ご不明な点がございましたら、滝上町図書館(0158-29-3735)までご連絡ください。

  • コミュニティカフェ「無漂白ネルの布ナプキン使ってみよう」

    2020年02月24日(月)

    令和2年2月22日午後2時から図書館で無漂白ネルの布ナプキンを作る講習会が行われました。
    講師は町内在住で5人の子育て真っ最中のお母さんである五十嵐えりさんです。
    IMG_2011-1
    おしゃべりしながら、ブランケットステッチでちくちく縫っていきます。
    「気分が落ち込みやすいので、糸は自分の気分が上がる色を選ぶといいですね!」
    IMG_2014-1
    カラダが温まりデトックスにもいい梅しょう番茶と塩番茶を飲み
    赤ちゃんをあやしたり、体に良い話を伺ったり、あっという間の2時間でした。
    IMG_2019-1
    五十嵐さん、すてきな時間をありがとうございました!

  • 手づくりあそびの会「おりぞめ」したよ!

    2020年02月12日(水)

    2月8日(土)風邪が流行して欠席が目立ちましたが、6名の参加者と折り染めをしました。
    講師は子どもの村の佐々木路子さんです!まずは縦長に切った障子紙を折るところから。
    蛇腹に折ってから三角に折り返していきます。
    IMG_1942-1
    お次に指にぎゅーっと力を入れながら染めていきます。
    「色を入れたら少し時間を置きましょう。中にどんどん染み込んで柄が出ますよ。」
    IMG_1952-1
    染めた和紙は乾かしてツルを折り、残りはお土産に持ち帰りました。
    「ブックカバーにしてもステキですよ。」とのことです。

  • 読書キャンプ2019開催!

    2020年01月30日(木)

    1月25日(土)・26日(日)の1泊2日、16名の小学生が参加して読書キャンプを実施しました。
    独立行政法人国立青少年教育振興機構「子どもゆめ基金助成活動」として助成を受け、
    滝上町内の読み聞かせボランティア「メガネの会」が主催して、今年で2回目となります。
    DSC_0491
    「図書館でおしりたんてい」では図書館に隠されたおしりたんていのキャラクターを探し
    なぞなぞを解いて料理に必要な絵本や食材を探し出しました。
    その後、夕食の調理開始です!
    今年は「ハンバーグハンバーグ」と「ひみつのカレーライス」の読み聞かせを聞いて
    みんなでカレーライスとハンバーグを作りました。
    みんなで食べるカレーライスはとてもおいしくて24合炊いたごはんもペロリです。
    IMG_1827-1
    夕方には童話村を育てる会が主催する「童話村雪あかり」の点灯式に参加しました。
    読書キャンプの参加者以外にも町内の小学生や保護者が参加して和やかな点灯式となりました。
    IMG_1847-1
    そして、今年は紋別市出身の絵本作家・堀川真さんをお招きして「工作屋台村」を行いました。
    3種類の動く工作を教えていただき、予定時間をオーバーして夢中で遊びました。
    IMG_1857-1
    自由時間はもちろん読書です。
    みんな好きな本を見つけ出してはゆっくり読書の時間を楽しんでいました。
    IMG_1830-1

  • アメリカの編み図でニット帽を編む つづき

    2020年01月30日(木)

    1月25日(土)、4人の方が集まって前回のあみものカフェのつづきをしました。
    どんなニット帽ができあがったでしょう…みんなにかぶってもらいました。
    IMG_1824-1
    ジャーン!こんな感じにカジュアルな雰囲気で
    どんな洋服でも合わせられそうなニット帽ができあがりました。
    IMG_1807-1
    ジョディさんは「ニットは癒しの効果があると思います。」と言います。
    これからも寒い冬のお楽しみとして、あみもので交流を深めていきましょう。

  • アメリカの編み図でニット帽を編む!

    2020年01月20日(月)

    2020年最初のコミュニティカフェは「あみものカフェ」を実施しました。
    12名のあみもの大好きさんが集合し、アメリカ人のジョディさんを講師にお迎えして、
    帽子とカウル(襟巻)を編みました。
    IMG_1789-1
    編み図が英語で書かれているのと、作り目の仕方が少し違っていたりと
    あみもの上級者がなかなかてこずる場面もあり、残念ながら完成した人はいませんでした。
    来週25日、午後2時から今回参加された方を対象にあみもの相談会をします。
    IMG_1790-1
    さて来週、帽子は完成するでしょうか?またご報告いたします。
    お楽しみに!

  • Happy Merry Christmas!2019

    2019年12月23日(月)

    12月19日、子ども英会話ではひと足お先にクリスマスパーティをしました。
    マーブルチョコやビスケットでトナカイ型に個性豊かに飾りつけした
    チョコレートブラウニーとジュースを前に「Cheers!」のかけ声でパーティが始まりました。
    IMG_1670-1
    前回の子ども英会話でも練習したWe wish a merry Christmasの歌に合わせて
    持ち寄ったプレゼントの交換をしました。
    曲の終わりに手元にあったプレゼントが自分のものになります。
    プレゼントのなかみを見て、みんなとてもうれしそうです。
    IMG_1687-1
    そして、アメリカのパーティで定番の歌とダンス、フラフープゲームとUNOをしました。
    IMG_1704-1
    フラフープはみんなすぐにコツをつかんで上手にくぐられるようになりました。
    UNOはジェイ先生にルールを教えてもらいながら、楽しく遊びました。
    IMG_1710-1
    次回の子ども英会話は年明けの1月16日(木)を予定しています。
    来年も元気いっぱい、参加してください!

  • 図書館×まちのお店やさん「年末に映える!ハーバリウムづくり」

    2019年12月11日(水)

    12月7日(土)、グリーンや赤、金色などの色にこだわって
    クリスマスやお正月にお部屋に飾りたいハーバリウムづくり体験を行いました。
    講師は参加者にも人気の東光生花店の東光浩さんにお願いしました。
    IMG_1636-1
    今回も小学生から80代まで定員いっぱいの15名の女性が参加してくれました。
    まずはハーバリウムとはどういうものか、どれぐらい持つのか説明を受けました。
    IMG_1639-1
    たくさんの花材を準備していただきました。
    「グリーンの杉などは下のほうに配置してほかの花材を押さえてもいいですね」
    赤いバラやあじさい、小さな松ぼっくりなどもクリスマスの雰囲気がよく出て人気でした。
    IMG_1642-1
    「先生~、この組み合わせはどうかしら?」
    参加者ひとりひとりの疑問に丁寧に答えてくださいました。
    東光さん、師走のお忙しいなかご指導いただきありがとうございました!

  • サンタさんにお手紙、送っちゃった!

    2019年11月19日(火)

    11月16日(土)前日から降る大雪の中を9名の小学生が図書館へやって来ました。
    サンタさんにお手紙を書いて、サンタさんの住む北極に送ります。
    IMG_1545-1
    サンタさんへお手紙の書き方を教えてくれたのは元ALTのジョーダン・フレイジャーさんです。
    「日本語でもOK!まずは自分のことをサンタさんに伝えよう」
    IMG_1559-1
    小さなみなさんは日本語で、少し年齢が上のお兄さんとお姉さんは英語で挑戦しました。
    「サンタさんは北極で何をして過ごしているのかな?」
    「好きな食べ物はなんだろう?」サンタさんへ質問も書きました。
    英語がわからないときはジョディさんに教えてもらいます。
    IMG_1562-1
    お返事がもらえるようにエアメールに自分の住所とサンタさんの住所を書いて
    110円の国際郵便の切手を貼りました。
    クリスマスにはサンタさんからお返事が届くといいですね!

↑ページトップへ